Karochoa LIFE

著者かろちょあによるアウトプット。

試験勉強をポモドーロ・テクニックで攻略する。集中力をロングキープする方法。

 

集中力はどうしたらキープできるか?究極の方法があります。

「集中力」

これほどとらえられないフワフワした存在はありません。「集中しようと思ってできれば何の苦労もいらないよ!」というのが本音だとおもいます。

そうはいっても、すぐに試験勉強に集中しなければいけないあなたにポモドーロテクニックを強くお勧めします。

1.ポモドーロ・テクニックとは?

ポモドーロ・テクニックは90年代初頭に、開発者・起業家・作家のフランチェスコ・シリロ氏によって発明されました。タスクを長時間ぶっつづけでやるのではなく、細かく区切って休憩をはさむことで集中力をキープするテクニックです。

cirillocompany.de

2.なぜポモドーロ・テクニックが有効なの?

「本当に効果はあるの」というのが一般的な考えだとおもいます。根拠は何なのか?ということです。それは、一言でいえば「デッドライン効果」ということになります。
 
例えば、1冊の本を渡されて「この本を1週間以内に読むように」と言われる場合と「これから2時間以内に読むように」と言われた場合をくらべてみてください。
たぶん後者の方が集中力を維持して本を読むことに集中できるのではないでしょうか?
 
では短時間の締め切りを作ってしまえば集中できるんじゃないか?
デッドライン(締め切り)を作っちゃえばいいんじゃないか?
そのような発想からできたのがポモドーロ・テクニックなのです。
 

3.ポモドーロのやりかた

ポモドーロのやりかたは簡単。
①25分間タスクをやる
②5分間休む
以上です。非常にシンプル。本当に効くの?っていうレベルですよね。でも、安心してください。効きます。

4.ポモドーロの効果

もちろん、第一にはモチベーションの維持が目的です。
ですが、やってみていろいろと発見がありました。そこで実体験として思ったことを掘り下げて考えていきたいとおもいます。
(1)モチベーションの維持ができるようになった!

「やる気ってなかなか続かないもの」

とにかく疲れづらくなった!というのがこのポモドーロを始めて思った結論です。普通は勉強を連続して数時間続けると、進みぐあいは落ちてきます。
しかしこのポモドーロ・テクニックを始めてからというもの、スピードが全く落ちないことに気づきました。
(2)疲れなくなった
普通は疲れを感じますが、ポモドーロ・テクニックを始めて2種類の疲れがあるんじゃないかと気づきました。
 
1つ目は「勉強途中に感じる短期的な疲れ」
2つ目は「勉強後、一週間ほどたってから襲ってくる長期的な疲れ」
 
前者はあまり怖くない。少し休めば疲れもとれますし、尾をひくことはあまりないと思います。
しかし後者の疲れは脱力感が一気に襲ってきてしまい、何もする気が無くなってしまいます。ポモドーロ・テクニックを始める前は丸一日休みなしで机に向かい、意地になって暗記に向かって行ったこともありましたが、一週間に何日かは必ず電池切れのような状態になってしまい、途方にくれていました。
しかし、この25分+5分のポモドーロのサイクルを導入したところこの電池切れが驚くぐらいに減っていったのです。(全くないと言ってもいいほど)

2017年の書籍(読了分)

2017年の読書についてまとめてみます。こちらの記事は読んだ都度更新していきます。主に本を読んだ感想を中心に記述します。

 

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

読んだきっかけ

 7月にして今年初めて読んだ本が池上彰さんと佐藤優さんの対談本という形式をとっているこの本です。もともと池上さんはテレビなどで拝見する機会が多く、「広く確かな知識を持っている方だな」と思っていました。そこで池上さんはどんな情報収集をしているのか、何か参考になることが書いてありそうという理由で購入してみました。結果、大正解でした。

内容の概略

 本の内容はタイトルに書かれている通りですが、内容の流れは各メディアごとにその読み方について両氏の手法について対談形式で述べられています。新聞、雑誌、ネット、書籍はそれぞれその特徴が違うものでありますから(これらの違いについての両氏の指摘も的確でした)その接し方も自ずと変わってくるというものでした。さすがにその接し方についての記述も合理的かつ的確なものでした。

 特に基礎知識の重要性についての記述が参考になりました。実は中学・高校時代の教科書についての知識が欠損しているとその上には情報が積み上がっていかないという指摘はなるほどと思いました。これを機に中学・高校の教科書を見直してみましたが、意外と抜けているところだらけであり、知らなかった情報もたくさんありました。社会の一般常識なくして、細かい知識の積み上げはありえないと思いました。

 また、何度も出てきた話に「ネット断ち」の必要性が指摘されています。ネットは手軽に情報収集ができるという利点をもつ一方で、弱点も持ち合わせています。従って質の良いインプットを得るには、ある程度の「ネット断ち」をしたほうがよいとの指摘がありました。このことは実際に試してみて思いましたが、非常に有効でした。

 一度「ネット断ち」(スマホの電源を落とす)してみると分かりますが、思った以上に普段スマホに気を取られていることがわかります。これでは質の高いインプットは不可能です。

 総括

 情報との向き合い方に困っている方、情報収集に時間をかけているのになぜか頭に情報があまり残っていないと言った方には非常に有効な本だと思いました。 まずは基礎知識を時間をかけて蓄えることの重要性を認識させてくれる本だと思います。その上で膨大な情報との付き合いかたについて各メディアごとにその性質を考慮して述べられている良書だと思います。

 両氏の具体的な体験談や具体例を交えられており、納得しながら読み進めていくことができました。それにしても…両氏の情報収集に対する情熱は頭が下がるとともに、できるところから真似していきたいと思えるものでした。 

 

 

鬼速PDCA

鬼速PDCA

 
読んだきっかけ

 今現在、私は資格試験の勉強をしており、今自分自身が行っている進捗管理方法に疑問を持ったことが直接のきっかけです。また、前職では仕事の量はこなすことはできても質の面で決して高いものができなかったという反省点もありましたので、仕事の質を上げるきっかけとなればいいなと思い読み始めました。

 PDCAフレームワークの一種だということは認識していました。また、仕事の中で実践も(少しですが)してみたこともあります。しかし、決して大きな成果が上がるわけでもなく、「回してはみるが、その先に何の改善もできない」という有様でした。

 ひょっとしたら私と同じように「PDCAをやってみたけれど成果が得られなかった」という人は多いのではないか?と思います。そんな時、この本は非常にパワーを持った解決策を提示してくれます。

 

 

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

 

ドリップコーヒーを極める。

ペーパードリップコーヒーは漠然とした憧れが以前からありました。一時ハンドドリップを極めようと道具を揃え毎朝ドリップをしたこともありましたが、あまりうまくいかなかった。おそらく正しい知識が身についていなかったからなのでは?と思い、いろいろと調べてみようと思った。そこで、ペーパードリップコーヒーの基礎知識についてまとめ、もって自分のコーヒーライフを高めていこうと思い、書いていくこととした。

 

ドリッパーを選択する。型の違い。

まずはドリッパーを選択しなければいけません。調べるまではとんでもない種類のドリッパーがあるのではないかと思っていましたが意外や意外、種類は大きく4種類のみだそうです。

メリタ式

メリタ式とは、コーヒーが出てくる穴が1つであり、形状は台形型のものです。お湯を一気に分量分注いでしまえば勝手に美味しいコーヒーが出来上がるそうです。したがって初心者向けのドリッパーと呼ばれているそうです。他のドリッパーではお湯の注ぐスピード次第でその味が変わってしまうようですから、手軽さを求めるのであればこれがいいかもしれません。

カリタ式

カリタ式とは、コーヒーが出てくる穴が3つあり、こちらも形状は台形型のものです。メリタ式との違いは穴の数でしょうか。カリタ式は穴が3つあることから抽出スピードが速くなり、雑味が出にくいのが特徴のようです。ドリッパーとしては「定番」のようです。

ハリオ式

ハリオ式とは、コーヒーが出てくる穴が1つあり、円錐型のものです。ハリオ式は注ぐお湯のスピード次第で味の調整ができるものであり、らせん状の溝が付いているのが特徴だそうです。ネルドリップに近い味が出やすく、プロ仕様とのことです。

コーノ式

コーノ式、コーヒーが出てくる穴が1つあり、円錐型のものです。ハリオ式との違いは…よく分からず、もう少し調べる必要がありそうです。メーカー推奨の「点滴ドリップ」なるものがあるらしいです。

 

 素材別。ドリッパーを選ぶ。

プラスチック製

低価格であり、何と言っても「割れない」ことが強みです。よって扱いやすく、初心者向けと言えます。

陶器製

温度変化が少ないと言われています。慣れれば質の高い抽出が可能ですが、重く、割れる危険性があり、使用前にはしっかりと温める必要があります。

メタル製

ステンレス、銅などでできているもので、熱伝導率が高く、価格も高めです。

ネルドリップ

布製のドリッパーで、ネルの扱いは面倒。カフェに近い仕上がりに。

ペーパーレス

ペーパーフィルターを使わないので当然のことながらランニングコストは良いです。一般にコーヒー豆の味をしっかりだすため上質な豆には良いとされていますが、豆によって雑味を出してしまいます。

 

 

NICHIGA「ホエイプロテイン W80 プレーン」を使ってみた。感想など。

せっかく筋トレをするのですから、効率的に筋肉量を増やしていきたいものです。そこで、筋トレされている方にとっては定番であろう「プロテイン」について考えていきたいと思います。プロテインには「ホエイ」「カゼイン」「ソイ」などの種類があります。私自身、プロテインは初めてでしたが、今回は実際に使用したNICHIGA「ホエイプロテイン W80 プレーン」について調べたところと、その使用感などを記述していきたいと思います。

 

NICHIGA「ホエイプロテイン W80 プレーン」を選んだ理由

まずは原材料について個人的に選ぶ条件がありました。それは、「遺伝子組換でないか」「人工甘味料不使用か」です。まず、「遺伝子組換」についてですが、「非該当」と明記がありましたので、この点はクリアー。次に「人工甘味料不使用か」これについても成分表中に該当が見られませんでしたのでこちらもクリアーと判断しました。よって、原材料については問題ないと判断しました。

Whey Protein Concentrate(WPC)、濃縮膜処理法という製法で作られているようです。原材料をフィルターでろ過する製法で、ビタミン・ミネラルなどを多く残せるのが特徴のようですが、乳糖不耐症がある人は、お腹が張ったりするデメリットもあるようですが、使用してみないとわからないと思い、これに決めました。

 

NICHIGA「ホエイプロテイン W80 プレーン」の感想

 執筆中

無印良品のエッセンシャルオイルを検証してみる|アロマテラピー

無印良品エッセンシャルオイル

他メーカーとの違い?

世には沢山のエッセンシャルオイルのメーカーが存在しています。そんな中、無印良品エッセンシャルオイルは少し毛色が異なっているように思えます。それは、「植物や果実から抽出された精油100%でできて」いるにも関わらず「安い」という、これまで両立し得なかった要素を併有しているからです。

インターネット上の口コミ等でも、その品質について良い、悪いが入り乱れの様相を呈しています。あくまで1つの意見ですが、実際に使用した感想を含め検証して行きたいと思います。

 

公表されている情報について

メーカーホームページで公式に公表されている情報がありますが、その主なものを挙げれば「原産国」「容量」「学名」「抽出部位」「抽出方法」「原産国」「一滴あたりの量」「光毒性の有無」等があります。これらの情報は他のエッセンシャルオイルの供給元でも開示している情報ですので、極端に安いエッセンシャルオイルメーカーにはこれらの情報は期待できません。ただし、実際にラベンダーのエッセンシャルオイルを購入してみたところ生活の木などでは商品1個ごとに入っている成分分析表は、無印良品では入っていませんでした。それぞれまとめていくと以下の通りです。

 

表示内容の異同について

 原産国・充填国

原産国についての記載があります。無印良品のラベンダー精油の場合には原料産地が「フランス」である旨の記載があります。さらには充填国については「日本」との記載があります。

外寸

商品の外寸の記載です。これは精油の品質云々のお話ではないので、置き場所などの目安などになるといった程度の情報でしょうか?私はあまり見ませんが、あると助かる人はいるのかもしれません。

部材ごとの素材

キャップ、ドロッパー、箱の素材についての記載があります。著者が不勉強なせいか部材ごとの「素材」についてはあまり重要性を感じません。成分というよりはドロッパーの使いやすさはかなり気にします。

アルコール使用

 

学名

 

抽出部位

 

抽出方法

 

1滴当たりの量(グラム)

 

光毒性の有無

これは初心者にはありがたいです。日中使用できるかの目安になります。

 

中栓仕様

ドロッパーの仕様について書かれています。

 

重量(梱包材含む)

 

成分分析表の有無

比較的効果なエッセンシャルオイルメーカーの精油には、成分分析表と呼ばれるロット毎の成分に関する書面が入っています。参考までに、生活の木の成分分析表の記載事項を列挙すると次のようになっています。

学名、科名、原産国、抽出部位、抽出方法、ロットNo.、物理特性(屈折率、比重等)、成分(成分名、含有%)