読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Karochoa LIFE

著者かろちょあによるアウトプット。

日商簿記検定3級でつまずいている人へ。少しでも合格に近づくために|資格試験対策

日商簿記検定3級でつまずいている人へ。


今回は日商簿記検定3級について書きたいと思う。

恥ずかしながら私は2度ほど不合格だったが、

ようやく3回目の受験で満点で合格。

簿記に苦手意識を持つ人も多いと思うので、敗因等をまとめておく。

まずは1, 2回目の受験でできていなかったことから。

 

 (1)仕訳の反復練習−最低3回以上解き直す

 (2)5要素の理解

 (3)簿記一巡の理解

 (4)トレーニングシートの活用

 

この3つをおさえることで苦行のような仕訳等が少し楽しくなると思う。


(1)仕訳の反復練習−最低3回以上解き直す

なんのことはない、何度も解き直すということである。

しかし、簿記の学習ではこれが一番重要。

とにかく反射神経で解けるところまでいかないと、

どうしても1問に対する時間を要してしまう。

従って、最低3回は回す。

いや、本音を言えば3回では足りない。

5回でも10回でも時間の許す限りやり続けるべきである。

 

1周目は時間がかかるし、精神的にもキツイと思う。

そこを我慢して回数を重ねると少しずつ楽になっていく。

この我慢が本試験での考える時間をぐっと減らし、

合格に近づくことになるのである。

 

繰り返しになるが、簿記は反復回数が生命線。

 

何度も解くうちにその内容も少しずつ理解が進んでいく。

ざくっと内容を理解したら、何度も問題を解くことである。


(2)5要素の理解

簿記は5要素から成り立っていると言われている。


5要素と、財務諸表との関係(特に位置関係)を覚えることが重要。

 

ここがわかってしまえば相当簿記の学習は楽なものになると思われる。

5要素を具体的に挙げていくと、以下の通り。

・資産

・負債

・純資産

・収益

・費用

いきなり全て理解するのは難しい。

これらは順を追って見ていく必要がある。

①財務諸表の中で5要素が書かれる位置を覚えること

②仕訳の仕組みについて覚えること

③各勘定科目が5要素のどれに該当するか覚えること

全体像をおさえる意味での総論として①、②があり、

各論として③がある。

基本的には①、②はあらかじめ覚えておき、

③については数多くのトレーニング問題をこなすことで自然と覚える

という方法が良いと思われる。

これらの①、②、③は少し長くなるので別記事に譲ることにする。

 

(3)簿記一巡の理解

いわゆる簿記一巡と言われているものである。

これは簿記の全体像をおさえるという意味で重要。

確かに仕訳等の細かい手続きも重要ではあるが、

この大きな流れである簿記一巡をおさえるということは

 

簿記の本質をおさえるという意味で重要。

 

こちらも長文が予想されるので、別記事に譲ることにする。

 

(4)トレーニングシートのは、必ず使う

初学者は意外とやっている人が少ないかもしれないが、

トレーニングシートを印刷して問題を解くべきである。

これは、精算表や貸借対照表の大学ノートに書くのが困難なものから

勘定への転記についてもかなりの労力削減になる。

 

面倒がらずにトレーニングシートは必ず使うべきである。

 

テキストについて

日商簿記検定のテキストは各社からかなりの種類出版されている。

私が使用したテキストはTAC出版の以下の2つである。 

 

合格テキスト 日商簿記3級 Ver.8.0 (よくわかる簿記シリーズ)

合格トレーニング 日商簿記3級 Ver.8.0 (よくわかる簿記シリーズ)

 

選んだ理由は、

①資格予備校で圧倒的な規模があること。

 ー多くの人が使っていれば、安心感があり、

  「迷ったら王道を」と思ったからである。

②トレーニングの解答が取り外し可能であること。

 ーページを行ったり来たりしなくて済む。

  この恩恵はかなり大きい。

③トレーニングシートがダウンロードできること。

 ー(4)の通りである。

 

の三点である。

 

まとめ

いろいろと挙げたが、やはり最重要事項は反復練習である。

ある程度理解したら回数を回すこと。これに尽きる。