Karochoa LIFE

著者かろちょあによるアウトプット。

無印良品のエッセンシャルオイルを検証してみる|アロマテラピー

無印良品エッセンシャルオイル

他メーカーとの違い?

世には沢山のエッセンシャルオイルのメーカーが存在しています。そんな中、無印良品エッセンシャルオイルは少し毛色が異なっているように思えます。それは、「植物や果実から抽出された精油100%でできて」いるにも関わらず「安い」という、これまで両立し得なかった要素を併有しているからです。

インターネット上の口コミ等でも、その品質について良い、悪いが入り乱れの様相を呈しています。あくまで1つの意見ですが、実際に使用した感想を含め検証して行きたいと思います。

 

公表されている情報について

メーカーホームページで公式に公表されている情報がありますが、その主なものを挙げれば「原産国」「容量」「学名」「抽出部位」「抽出方法」「原産国」「一滴あたりの量」「光毒性の有無」等があります。これらの情報は他のエッセンシャルオイルの供給元でも開示している情報ですので、極端に安いエッセンシャルオイルメーカーにはこれらの情報は期待できません。ただし、実際にラベンダーのエッセンシャルオイルを購入してみたところ生活の木などでは商品1個ごとに入っている成分分析表は、無印良品では入っていませんでした。それぞれまとめていくと以下の通りです。

 

表示内容の異同について

 原産国・充填国

原産国についての記載があります。無印良品のラベンダー精油の場合には原料産地が「フランス」である旨の記載があります。さらには充填国については「日本」との記載があります。

外寸

商品の外寸の記載です。これは精油の品質云々のお話ではないので、置き場所などの目安などになるといった程度の情報でしょうか?私はあまり見ませんが、あると助かる人はいるのかもしれません。

部材ごとの素材

キャップ、ドロッパー、箱の素材についての記載があります。著者が不勉強なせいか部材ごとの「素材」についてはあまり重要性を感じません。成分というよりはドロッパーの使いやすさはかなり気にします。

アルコール使用

 

学名

 

抽出部位

 

抽出方法

 

1滴当たりの量(グラム)

 

光毒性の有無

これは初心者にはありがたいです。日中使用できるかの目安になります。

 

中栓仕様

ドロッパーの仕様について書かれています。

 

重量(梱包材含む)

 

成分分析表の有無

比較的効果なエッセンシャルオイルメーカーの精油には、成分分析表と呼ばれるロット毎の成分に関する書面が入っています。参考までに、生活の木の成分分析表の記載事項を列挙すると次のようになっています。

学名、科名、原産国、抽出部位、抽出方法、ロットNo.、物理特性(屈折率、比重等)、成分(成分名、含有%)