Karochoa LIFE

著者かろちょあによるアウトプット。

ドリップコーヒーを極める。

ペーパードリップコーヒーは漠然とした憧れが以前からありました。一時ハンドドリップを極めようと道具を揃え毎朝ドリップをしたこともありましたが、あまりうまくいかなかった。おそらく正しい知識が身についていなかったからなのでは?と思い、いろいろと調べてみようと思った。そこで、ペーパードリップコーヒーの基礎知識についてまとめ、もって自分のコーヒーライフを高めていこうと思い、書いていくこととした。

 

ドリッパーを選択する。型の違い。

まずはドリッパーを選択しなければいけません。調べるまではとんでもない種類のドリッパーがあるのではないかと思っていましたが意外や意外、種類は大きく4種類のみだそうです。

メリタ式

メリタ式とは、コーヒーが出てくる穴が1つであり、形状は台形型のものです。お湯を一気に分量分注いでしまえば勝手に美味しいコーヒーが出来上がるそうです。したがって初心者向けのドリッパーと呼ばれているそうです。他のドリッパーではお湯の注ぐスピード次第でその味が変わってしまうようですから、手軽さを求めるのであればこれがいいかもしれません。

カリタ式

カリタ式とは、コーヒーが出てくる穴が3つあり、こちらも形状は台形型のものです。メリタ式との違いは穴の数でしょうか。カリタ式は穴が3つあることから抽出スピードが速くなり、雑味が出にくいのが特徴のようです。ドリッパーとしては「定番」のようです。

ハリオ式

ハリオ式とは、コーヒーが出てくる穴が1つあり、円錐型のものです。ハリオ式は注ぐお湯のスピード次第で味の調整ができるものであり、らせん状の溝が付いているのが特徴だそうです。ネルドリップに近い味が出やすく、プロ仕様とのことです。

コーノ式

コーノ式、コーヒーが出てくる穴が1つあり、円錐型のものです。ハリオ式との違いは…よく分からず、もう少し調べる必要がありそうです。メーカー推奨の「点滴ドリップ」なるものがあるらしいです。

 

 素材別。ドリッパーを選ぶ。

プラスチック製

低価格であり、何と言っても「割れない」ことが強みです。よって扱いやすく、初心者向けと言えます。

陶器製

温度変化が少ないと言われています。慣れれば質の高い抽出が可能ですが、重く、割れる危険性があり、使用前にはしっかりと温める必要があります。

メタル製

ステンレス、銅などでできているもので、熱伝導率が高く、価格も高めです。